看護師の履歴書の書き方ならコチラ!

看護師 履歴書 書き方

看護師の履歴書の書き方ならコチラをご覧ください

看護師さんは、入職、転職するときは、履歴書を記入すると思います。その就職や転職の際に必ず必要となる履歴書ですが、どこの学校を卒業し、どのような経歴を辿ってきたのか、はたまた医療施設への入職に際する志望動機など、記入する項目は多岐に渡り、採用の可否を計る重要な書類となっています。しかしながら、「できる履歴書」が求められるわけではなく、いかに自分の言葉でしっかり書かれているかが重要となっています。ただし、社会人としての在り方が問われることもあるため、「正確に書く」ことも不可欠です。当サイトでは、看護師の就職・転職における履歴書の書き方や封筒の選び方、手渡しマナーなどについて詳しくご紹介します。面接を控えている方は熟読の上、参考にして頂ければと思います。

多くの方々の履歴書を見てきた看護師求人、転職サイト・サービスからのアドバイス

看護師さんの求人、転職を支援している「看護師求人、転職サイト・サービス」というものがありますが、ここでは、そういった看護師求人、転職サイト・サービスでよく言われているアドバイスをご紹介します。

履歴書の重要性、履歴書記入にあたってのアドバイス

履歴書の重要性

履歴書は一つの身分証明であり、記載内容によって人間性が現れることもしばしばあります。看護師の有効求人倍率は数ある職業の中でも軒並み高く、就職・転職に困ることはまずありませんが、各都道府県の医療の中核を担う大型病院などは就職・転職先として人気があることから、誰でも入職できるわけではありません。履歴書は採用決定の1つの判断材料であり、「履歴書の作成を怠る=業務を怠る」と認識されてしまうほど、履歴書は採用に大きく影響を与える書類となっています。

履歴書記入にあたってのアドバイス

  • 基本的に、履歴書は減点方式なので、素晴らしい出来栄えで書けているからプラスになるのではなく、履歴書もちゃんと書けていないと、そういう人なのかというマイナス面の方が強いと考えること
  • 最近では、履歴書を一次審査とする面接先も増えてきており、しっかりした実績やスキルもあるのに、履歴書だけで不合格となってしまう人もいる
  • 正しい書きかたをして、面接のチャンスをもらうことが履歴書を書く上でのゴールだと考えること
  • 履歴書や職務経歴書はあなたの第一印象を左右したり、あなたの人物像を印象付ける重要な役割を果たす
  • マナーを押さえて、心をこめてていねいに作成するとともに、読む人の顔を思い浮かべながら、ポイントを絞って自分の魅力をアピールすること
  • 履歴書は、内容はもちろん、書類作成能力や熱意なども見られているので、アピールポイントをしっかり伝え、 魅力的に仕上げること
  • 履歴書は、慣れないうちは、 作成に時間がかかるかもしれないが、自分の強みや経験を棚卸しできるチャンスだと考えること
  • 面接でアピールする話題を考えるための良い機会にもなるので、是非前向きに取り組むこと
  • 面接では履歴書をもとに質問されることも多いのでコピーしておくことを忘れない

上記のアドバイスをもとに、好印象を残せる履歴書、応募先の採用担当者が気にするポイント

さらに、具体的な履歴書の書き方のポイントは、こちらになります。

具体的な履歴書の書き方のポイント

履歴書

履歴書

履歴書サイズはA4を

履歴書の様式は「JIS規格履歴書」が標準ですが、職歴欄が広いものなど、JIS規格に類似した履歴書が数多く市販されています。また、用紙サイズはB5版(B4二つ折り)とA4版(A3二つ折り)がありますが、基本的にはA4サイズを選びましょう。

手書きが原則

仕事ではパソコンを使う機会が多く、電子カルテなど看護師においてもパソコンを使う機会は非常に多いのが実情ですが、履歴書をパソコンで作成するのは完全にNGです。

修正液は使わない

履歴書は正式文書なので、間違えても修正液を使わないで新しい用紙を使って最初から書き直しすること。

字が下手でも丁寧にゆっくりと

字が上手くなくても時間をかけて丁寧に書くことが大切です。筆記具は黒の万年筆かボールペンを使いましょう。

書式・年号を統一する

書式は「~です・~ます」で統一してください。年号を書く欄は「生年月日」「学歴・職歴」「資格・免許」などがありますが、すべて和暦(平成・昭和)で統一しましょう。

日付

郵送の場合は投函した日付、面接に直接持参する場合は持参当日の日付を記入します。あまり前の日付だと「使い回し」だと思われてしまいますし、記入漏れが多いところなので注意しましょう。

氏名・生年月日・性別

氏名は自分の名前を記入し、「ふりがな」と書かれている場合には「ひらがな」、「フリガナ」と書かれている場合には「カタカナ」で記入します。生年月日は和暦(平成・昭和)、性別は該当する方を”○”で囲んでください。

住所・電話番号

現住所は住民票に記載されている住所を記入し、連絡先は現住所以外に連絡を希望する場合のみ記入します。電話番号は「×××-×××-××××」のように「ハイフン」を用いて記入し、自宅の電話番号がない場合には携帯でも構いません。

写真

駅前のスピード写真でも問題ないですが、写真館で撮影してもらうと良い仕上がりになります。髪はきちんとまとめ、服装はスーツ姿が無難です。また、写真の裏に名前を記入しておき、履歴書の作成にあたって誤字・脱字があれば書き直す必要があるため、写真は最後に貼りましょう。

学歴・職歴

学歴と職歴はそれぞれ分けて記入します。ま経歴・学歴として中学卒業以降の入学卒業を、職歴として現在までの入職・退職を記入します。同じ内容でも「〃」は使用しないでください。
看護師になる前に一般企業で働いていた人は、そのときの経歴も忘れずに。なお、「高等学校」を「高校」と略したり、企業経験がある人は「株式会社」を「(株)」と省略せず、正式名称で書きましょう。年数の計算が合わない、事実と違うなど、矛盾点は面接や身辺調査ですべて発覚してしまいます。正直かつ精確に、嘘は厳禁です。

免許・資格

取得年月順に書きます。免許や資格の名称は省略せず正式名称を記入します。これから看護師資格を取得する場合は「取得見込」と記入しましょう。少しでも仕事に活かせそうなものは記入して、できるだけ多く出すとよいでしょう。但し、あまりにも仕事と関係性が薄いものや、英検3級や珠算4級のような、あまり級位の高くないものは却って書かない方が無難です。「免許・資格に関する特記事項」にはその資格がどう業務に役立つか、またはどうして取得したかなどを書き、アピールをしましょう。

志望動機など

あなたの経歴や長所・短所などに目を通してきた面接官は、「どうしてこの人は当院に応募してきたのだろう?」と思うものです。だから、なぜその病院に応募するのか、入職したいと思う気持ちを熱意を伝えるつもりで記入しましょう。たくさんある病院からそこに応募しようと思った動機について、その病院の理念や特色と結びつけたり、病院施設の特徴に触れながら、うまく自分自身の目標・これから経験したい内容や、キャリアと結びつけられると書きやすくなります。間違っても空欄や、「貴院に将来性を感じたため」、「勉強ができる環境がある」など漠然とした内容を書くことのないようにしましょう。前職の退職理由に触れるときは、愚痴っぽくならないよう、前向きな言い回しに変えるよう心がけましょう。志望動機欄は、書類選考上、最も合否を分ける部分といっても過言ではありません。自分の経歴やキャリアをしっかり分析することはもちろん、事前に病院のホームページなどを見て下調べをし、どこに魅力を感じているか、病院の特徴をしっかり捉えて書けるようにしておきましょう。

希望欄

配属や寮の利用などに希望があれば記入しましょう。スペースに余裕があれば、この欄に自己PRや志望理由の補足を記入してアピールしてもOKです。

私の長所と短所

できるだけ、応募先にふさわしいキャラクターを意識して書くと効果的です。思いつかない人は、長所に「誰とでも物怖じせず話せる」といった看護に欠かせないコミュニケーション力に関する内容を書けないか、検討してみるとよいでしょう。逆に短所はコミュニケーションとは関係のない、当たり障りない内容にしましょう。このとき「短所は○○ですが、現在克服しようと努力しています」、「短所は細かいことを気にしすぎることですが、業務の上ではそれがミスをなくすことに役立っています」というように、マイナス印象で終わらない表現にするとよいでしょう。

趣味

最低限、1つは趣味を書いて、面接で聞かれたら詳しく答えられるようにしておきましょう。

その他特記事項

絶対にゆずれない入職日や、どうしても夜勤ができないなど、何かやむを得ない事情がある場合には、「その他特記事項」に書きましょう。特にない人は、「特になし」と書いておけばOKです。

ここで、もしも、「ブランクがある」、「アピールポイントがわからない」など書き方に迷う場合や、「履歴書の書き方についてもっと詳しく知りたい」、「自分の履歴書を添削してほしい」といった要望がある場合、「好印象を残せる履歴書の書き方が知りたい」、「応募先の採用担当者が 気にするポイントについて教えて欲しい」など、第3者からのサポート、支援が欲しい場合には、看護師求人、転職サイト・サービスを利用すると便利です。履歴書アドバイスや履歴書添削といったサポート、アドバイスを丁寧に受けることができます。

ただ、看護師求人、転職サイト・サービスもたくさんあるので、当サイトでおすすめの、履歴書の書き方などのサポートが充実している看護師求人、転職サイト・サービスのランキングをご紹介しますね。

履歴書の書き方などのサポートが充実している看護師求人、転職サイト・サービスのランキング

第1位

ナース人材バンク

ナース人材バンク
  • 年間利用者数は10万人を超え、国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
  • 東証一部上場の安心企業が運営
  • 全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいの看護師さんでも転職サポート
  • 給料などの条件交渉も、専任のキャリアコンサルタントにお任せ

第2位

医療WORKER

医療WORKER
  • 2015年、楽天リサーチNo1の支持率
  • 親身な対応、誠実なコンサルタントが看護師さんに評判
  • 2006年からの紹介実績
  • 全国12拠点の営業所で全国の看護師さんの転職サポート

第3位

看護roo

看護師求人
  • 利用者満足度96.2%と最も選ばれている、看護師さんの転職方法
  • 東証1部上場会社による実績豊富な転職のプロなので、退職交渉、給与アップ交渉のサポート完備
  • 厳選した高給与・好条件求人で、病院の内部情報も事前にたっぷり提供
  • 科目も充実の業界最大の病院件数と一般公開されていない情報も紹介
  • 辞めずに、働きながらすばやく転職できる

第4位

ナースではたらこ

ナースではたらこ
  • サイトには出ない「非公開求人」も紹介
  • 多くの看護師さんに支持され、満足度第1位(調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20~40代)
  • 日本最大級の医療機関情報を掲載
  • 「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみの東証一部上場企業が運営。セキュリティーも万全。

第5位

マイナビ看護師

  • ドクター、薬剤師、医療介護スタッフなど様々な転職サービスを展開しているマイナビは、医療系転職支援サービスのプロが医療機関の全体像をしっかりと把握した上でのサポートが可能なので安心
  • 採用の担当者からだけではなく、現場で働く看護師さんからもしっかりと職場の状況等を聞いているので、実際のトコロを良く知っている。だから、給与、有給消化などの条件・待遇はもちろん、雰囲気がよく、働きやすい職場を看護師さんへ紹介
  • 日本全国にオフィスを展開し、病院、クリニック、訪問看護、介護施設など豊富な求人のラインナップを有するといった圧倒的なネットワークで好条件の非公開求人も多数取り扱っている
  • 求職者にしっかりと話をお伺いしたうえで、希望にあった求人をスピーディに紹介したり、一人ひとりにベストマッチする求人紹介を徹底していることにより、サービス利用者の満足度は業界トップクラスの96.3%

それでは、次は、封筒の選び方とマナーになります。

封筒の選び方とマナー

履歴書を裸で渡すことはマナー違反です。必ず封筒に納めなければいけません。ここでは、封筒の種類や書き方などについてご説明します。

封筒の選び方とマナー

A4版の白い封筒を

履歴書は主にA4版を用いるため、変な折り目がつかないように封筒もA4版を選択します。また、茶封筒ではなく白い封筒を選んでください。記載の際には黒の万年筆またはボールペンを使用します。

住所・宛先・氏名は縦書きで

表面右側に送り先住所、中央に宛名、裏面左側に自分の住所・氏名を記載しますが、すべて縦書きで記載してください。また、住所の数字は算用数字(123)・漢数字(一二三)どちらでも構いませんが、必ず統一してください。なお、郵便番号は必ず算用数字で記入します。

病院名は正式名称を

病院名(宛名)は省略せず、「医療法人○○会」や「○○大学医学部附属」など正式名称を記載します。また、多くは“人事課 採用ご担当者 様”と記載し、担当者名が分かっている場合には“人事課 採用ご担当者 ○○様”と記載してください。宛名は求人などに載っていますので、その通り記載しましょう。

表面左下に「履歴書在中」の文字を

病院には多岐に渡る郵便物が届くことから、識別できるように表面左下に「履歴書在中」の文字を記載してください。目立たせるために“赤字”が理想ですが、無理な場合は“黒字”でも構いません。ただし、市販されている封筒の多くはすでに記載されているため、ない場合のみ手書きで記載してください。

自分の住所・氏名は1/4が理想

裏面左下に自分の住所・氏名を記載しますが、封筒を四分割した左下スペースに収めるのが理想です。ただし、左側に記載されていれば、縦長になっても問題はありません。

封は糊(のり)を使用しましょう

封筒を閉じる際に、簡易という理由でセロハンテープを使う方がいらっしゃいますが、必ず糊で封をしましょう。封をした後は「〆印」を書いてください。なお、面接に持参する場合には封をしないでおきましょう。また、クリアファイルなどに入れ、汚れやシワがつかないようにしておきましょう。

履歴書は封筒の向きと同じに

封筒から履歴書を取り出した際、履歴書の書き出し部分が最初に目に入るよう、写真を貼付してある面(左側)を表にして入れます。また、上下の向きも間違わないよう気をつけてください。

そして、最後に面接時の履歴書手渡しマナーについてご紹介します。

面接時の履歴書手渡しマナー

あまり難しく考える必要はありませんが、以下に挙げる2つの事項は好印象を与えるポイントとなり得るため、しっかり把握することが重要です。

開封して渡すこと

面接時に手渡しする際には、面接担当者の手間を省くために、封筒から履歴書を取り出し、封筒に重ねるようにして渡しましょう。ただし、面接時ではなく受付時に渡す場合には、開封せずに封筒のまま渡すのが原則です。

見えやすい向きで渡すこと

また、面接担当者に見えやすいように、面接担当者からみて表の状態で渡してください。上下もしっかり確認し、渡す際には「本日はよろしくお願い致します」と一言添えると良い印象を与えることができます。

なお、参考までに、こちらは、職務経歴書作成時の注意点になります。参考にしてくださいね。

職務経歴書作成時の注意点

職務経歴書

書式

パソコンなどで作成しますが、枚数はA4サイズ1~2枚程度が基本です。

  • 氏名:氏名の署名は手書きで書きます。
  • 法人名:勤務先の規模を明記します。
  • 病院の場合:診療科目や病床数、職員数を書きます。
  • 企業の場合:事業内容・資本金・売上・従業員数を書きます。
  • 職務内容・実績:担当者が職務経歴書に目を通す時間は短時間ですので、「見やすさ・分かりやすさ」を重視して、簡潔に箇条書きで書きましょう。
  • 職務内容・経験した病棟名・実績:具体的に書いて、仕事内容を一覧にすると良いでしょう。
  • 看護業務以外の仕事内容:自己PRとして大切な項目ですので、必ず記入します。
  • 自己PR:自分の能力や仕事に対する姿勢など今まで心掛けてきた事や今後、何をしていきたいのかなど、意欲や方向性など自身についてPRしましょう。

http://xn--z-my6a070ciwnnwmukndfsdig.com/